NTT Bフレッツでマルチセッションにした時の帯域について

NTT フレッツ光ネクストなどの回線を契約をした場合、1回線につき2セッションまで利用することができます。
つまり、下の図のようなつなぎ方をすれば、1つの回線契約で2つのプロバイダに同時に接続することが可能です。
※ひかり電話などを利用している場合は、それに1セッション使っているので、残り1セッションになるようです。
※セッションプラスという有料サービスでセッションを追加できるようです。

[adsense1]

ntt-flets-bitrate01

※マルチセッション対応ルーターを利用すれば、そのルーター1つあればOKです。

ここで気になったのが、
片方のセッションの帯域が、もう片方のセッションにも影響するか?
ということです。

ネットで調べてもよくわからなかったので NTT にメールで質問してみました。
翌日には返事をいただき、すばやい対応に感謝しております。

NTT への質問内容

お世話になっております。
マルチセッションについて質問させていただきます。

現在、光ネクスト隼を利用しております。

1つの回線を2つのセッションにわけた場合、
片方のセッションの帯域が、もう片方のセッションにも影響するのでしょうか?

また、1回線の契約で2セッションにする場合と、
2回線の契約でセッション分けしない場合とでの
違いをおしえてください。

お手数をお掛けしますが、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

NTT からの回答(抜粋)

平素よりNTT西日本をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
お問合せいただきまして有難うございます。

1回線の帯域は、トータルでという事のなるのでセッションを2つに分けた場合、帯域も分け合う事になります。

出来れば2回線の契約で1セッションずつにされた方が、帯域も広くなります。

その他ご不明な点は、IPコールセンタへお問合せ頂きますようお願いいたします。

[adsense2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください