Visual Studio 2013 で、テーマやフォントを設定する

Visual Studio 2013 のコードエディタの背景を黒っぽくしたいと思い、Visual Studio color schemes というサイトからテーマを探しました。

テーマを変更する

テーマは以下のサイトから探します。
Visual Studio 2005、2008、2010-2013などのテーマに対応されているようです。

Studio Styles – Visual Studio color schemes
Studio Styles – Visual Studio color schemes Schemesページ

現在は、Son of Obsidian というテーマが一番人気のようです。
Twilight や、Monokai など、有名なテーマもありましたので、私は Monokai を選択しました。

1.[Download this scheme]をクリックして、デスクトップなどにダウンロードします。
   ※ここでダウンロードしたテーマは、Visual Studio に適用した後で削除します。

visual-studio-2013-theme-font01

2.Visual Studio 2013 を開き、[ツール]→[設定のインポートとエクスポート]を選択します。

visual-studio-2013-theme-font02

3.[選択された環境設定をインポート]にチェックして、[次へ]をクリックします。

visual-studio-2013-theme-font03

4.念のために[はい、現在の設定を保存します]を選択して[次へ]をクリックします。
  ※設定を保存する必要がなければ[いいえ、現在の設定を上書きして新しい設定をインポートします]を選択してください。

visual-studio-2013-theme-font04

5.[参照]をクリックして、先ほどダウンロードした[monokai.vssettings]を選択して[次へ]をクリックします。

visual-studio-2013-theme-font05

6.[フォントおよび色]がチェックされていることを確認して、[完了]をクリックします。

visual-studio-2013-theme-font06

7.[閉じる]をクリックします。

visual-studio-2013-theme-font07

以上で、テーマが変更されます。

フォントの変更

次に、コードエディタで使用するフォントを変更します。
[Ricty]というフォントに興味があったのですが、なにやらめんどくさそうなので、結局[Consolas]にしました。

1.[ツール]→[オプション]を選択します。

visual-studio-2013-theme-font08

2.[環境]→[フォントおよび色]を選択して、フォントやサイズをお好みのものに変更して[OK]をクリックします。

visual-studio-2013-theme-font09

以上です。
私の場合は、他にも[行番号]を追加したりしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加