iPhone で撮った写真の Exif 情報(おもにジオタグ)を削除する

iPhone やデジカメで撮った写真には、Exif 情報というデータが埋め込まれます。
Exif 情報には、写真を撮った場所・時間・カメラの種類やサムネイルデータなどが含まれています。

[adsense1]

何も考えずに写真をネットに公開すると、撮った場所の情報(位置情報・ジオタグ)から、自宅の場所が特定される危険性があります。
また、顔写真にモザイクを入れるなどの編集しても、サムネイルデータから編集前の顔写真がバレてしまうこともあります。
Exif 情報はとても便利な情報ですが、公開する写真によっては個人情報が流出してしまうので注意が必要です。

iPhone の標準カメラの設定で、位置情報(ジオタグ)を保存しないようにする

[設定]→[プライバシー]→[位置情報サービス]をタップします。
そこから[カメラ]を探して【オン】になっているバーを【オフ】にします。
これで、標準カメラアプリで撮影した写真には位置情報(ジオタグ)が保存されなくなります。

Windows 7 で Exif 情報の中身を確認する

写真ファイルを右クリック →[プロパティ]を選択します。
[詳細タブ]でジオタグなどの Exif 情報を確認できます。
GPS という項目の部分が位置情報(ジオタグ)になります。

Windows で Exif 情報を削除する

1.ペイントを使用する方法

写真ファイルをペイントで開きます。
[ファイル]→[名前を付けて保存]で、ファイルの種類をビットマップ(BMP)にして書き出します。
書きだした BMP ファイルを、[ファイル]→[名前を付けて保存]で JPEG 形式で書き出します。
作成された JPEG ファイルは、Exif 情報が削除されています。

2.フリーソフトを使用する方法

「Exif 削除」などで検索するといろいろでてきますが、ひとつ紹介します。

Free EXIF Eraser http://www.exiferaser.com/
日本語には対応していませんが、シンプルで使いやすくインストールも不要です。
フォルダを選択して[Erase]ボタンをクリックすると、そのフォルダ内の画像ファイルのすべての Exif 情報を削除してくれます。

delete-geotag01

Erase in subdirectories:サブフォルダ内の画像ファイルも対象にする
Backup original files:オリジナルファイルを残す
※チェックすると、フォルダ内に Backup フォルダが作成され、その中にオリジナルファイルが保存されます。

3.Windows 7 の機能で Exif 情報を削除する

この方法では、Exif 情報にジオタグが含まれている場合なぜかエラーになります。
ジオタグが含まれていない写真ファイルであれば、この方法で簡単に Exif 情報を削除できます。
複数選択も可能です。

delete-geotag02

写真ファイルを右クリック →[プロパティ]を選択します。
[詳細タブ]の[プロパティや個人情報を削除]をクリックします。
[可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成]にチェックが入っていることを確認して OK ボタンをクリックします。
同じフォルダに Exif 情報が削除された画像のコピーが作成されます。

[adsense2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください